カードローン 未払いについて

カードローンは、一般的に担保を取らない貸付行為です。
その人の収入つまり返済能力だけで、金銭を貸し付けるのではありません。
担保を取らない貸付行為で最も基礎となるのは、それの人の信用です。
こちら(⇒主婦自由に使えるお金ハウマッチ│主婦のおこずかい事情調査で書かれています。
未払いの可能性があれば、そもそもカードローンそのものが成り立ちません。

金融の世界では、一回で返済する貸付には、それほど信用を必要としません。
返済する条件として、返済日までに返済した金額が入る予定があれば、それで資金を貸し付ける事も可能です。
一方、カードローンのように長期間とは云えないまでも期間の長い貸付行為には、そうした事実を超える要素が必要となります。
それが信用です。

カードローンを貸し付ける行為には、利用者の収入、つまり返済能力だけでは成り立つものではなく、利用者が絶対に返済してくれると云う信用が必要になります。
未払いという事は、カードローンの成立要件を壊す行為です。
継続して利用する事ができなくなります。